ベタベタと汗をかいた肌がはりつくような感じで不快感を感じる人が多い時期です。汗をかかないというのも無理な話ですし、暑いときに汗をかかないと代謝が悪くて熱をこもらせ、熱中症にもなりやすくなるので、暑いときには汗をかくのが一番。
でも、ケアだけはしっかりとしましょう。ベタつくからという理由で今までしていた保湿を夏はしないという人がいます。化粧水だけでさっぱりとと思うかもしれませんが、化粧水だけでは水分補給をしたことになりません。
水分は確かに入るのですが、その水分が逃げないようにフタをする乳液や美容液はないと、驚くほど早いスピードで水分が蒸発してしまうのです。そうして夏なのにカサカサ肌を招いたり、そのせいで皮脂の分泌が活発になって余計にベタついてしまうため、適度な保湿は夏も続けましょう。

楽にやせる

user-pic
0
キャビテーションダイエットがブームになっているのを知っていますか?キャビテーションダイエットって何?という女性も少なくないと思いますが、ダイエッターならばマストで知っているダイエット方法です。まずは 海外で流行りました。きらない脂肪吸引とまで言われているキャビテーションは、特殊な超音波を使って脂肪細胞にダメージを与えるものです。つまり簡単に言えば、超音波で脂肪を破壊していくのです。このキャビテーションの最大のメリットは努力をしなくてもやせるということです。しかも夢の部分やせも可能とあり、人気です。痛みもありません。最近日本でも流行りつつあるダイエット方法です。メスを扱わないので美容整形よりも安心できる施術方法といえます。ダイエット効果ですが、1回で効果が出る場合もありますがほとんどの場合は数回の施術が必要になるようです。

人生を変える

user-pic
0

これからの人生をもっと豊かに、楽しく過ごしたいという人はぜひ趣味を探すことをおすすめします。趣味は人生に彩を与えてくれます。彩りは必ずしも生きていくうえで、必要というわけではありません。でも彩りがあると美しいです。それと同じように趣味を持っていると、人生が華やかになる可能性が高いです。特に人とふれあいながら行う趣味は、世界を広げてくれるという意味でもとても重要です。趣味がきっかけで思ってもいないキャリアを手に入れたという人もいます。趣味が高じると、その分野でのプロのようになることができます。そのために思ってもいないような機会が開かれることもあります。一人で行う趣味であれば、そんな機会に恵まれることが少ないでしょう。趣味は人の人生を変える力を持っています。ぜひ自分に合う趣味に出会えますように。

この前頭皮の痒みで皮膚科に診察してもらったのですが、その時に脂漏性皮膚炎であると診断を受けました。どんなものかよくわからなかったのですが...脂が過剰に発生しているようです。ダニなども影響しているのだとか。
頭皮でそんなことが起こっているとは知らなかったので驚きました。  
かゆみがひどくて、たぶん汗をかきやすいせいだろうと思っていたのですが、また違う皮膚炎が起こっていると知れてよかったです。
幸いひどくなかったので、薬をもらって頭皮に塗りこんである程度痒みはおさまってきたのですが、完治することは難しいそうです。長く上手に付き合っていくためには、シャンプーに気をつけたり、食事にも油を過剰に摂取しないようにと色々と気をつけることがあって大変。
でも痒みを抑えるために薬をいちいち使うのはいやなので、できるだけ改善して自分の力で対応していけるように頑張ります。

マイナス要因

user-pic
0
複数社に見積もり依頼!これしかない!
車の査定で、高額な査定額が出てほしいと思うものです。

車を持つ人にとって、少しでも高い査定額というのは、大問題です。でも残念ながら査定額がそれほどあがらない場合もあります。どのような場合でしょうか?少しの間考えて見ましょう。

シートが汚れていると査定額は下がります。どうしても使用感がでてしまい、中古車とはわかってはいても、いい気分にはならないものです。そこで査定にも響いてしまいます。 ある意味しかたない部分ですが、車を売ることを考えて車をきれいに使うことは大事です。

たばこ臭いヤニ汚れもマイナス査定の要因です。とくに現代はタバコをする人が少なくなりました。その分需要も減っているためにダブルで査定額が下がってしまいます。

ペット臭いのも 大幅減の可能性です。ペットは自分にとってはかわいい家族ですが、ほかの人にとってはそうではありません。当然のマイナス要因です。
カロリーを1日あたり1500キロカロリーに抑えるだけでも、体重が減るのだそうです。私の中で食事制限はもっともっとカロリーを減らさなくてはいけないと思っていたのですが、1500キロカロリーは基礎代謝として摂取して、他はできるだけ余分なものを増やさないように制限をかけるのがいいのだとか。
1500キロカロリーって結構食べられると思っていたのですが、意外といつも食べているもののカロリーがあるようで、確かに1500キロカロリーでもいつもの量は食べれず、立派な食事制限になりました。
また、バランスも大事だそうです。朝は多めに、そして昼は普通に、夜は少なめにが私の中で体調がよく過ごせるバランスです。夜はおなかが一杯になりすぎることも多かったですが、結局後は寝るだけで特にすることもないので、その満腹のまんま眠りにつくことになってしまうため、脂肪が蓄積しやすくなってしまうそう。
寝る子は育つといいますが、そういう意味でも寝る子は育ってしまうので気をつけてくださいね。
関節痛で痛みを覚えると、運動不足になってしまいがちです。
運動不足が肥満を結果として引き起こしてしまいます。肥満は関節痛によくありません。体重が増えることによって、関節により大きな負担がかかってしまうのです。
関節痛は、悪循環を引き起こしてしまうこともあるのです。そんな関節痛を治すに大切なのは、単に痛みを和らげるという対処療法ではなく、関節痛の根本原因にアプローチすることなのです。
悪循環を断ち切り、運動をしながら、効果的に痛みを緩和していく治療法が求められます。関節痛をよくする薬を摂取しながらも、暴飲暴食による過度なカロリー摂取は避け、バランスのよい食生活を心がけるようにしましょう。
肥満や筋力低下を抑えるためにも、毎日歩くことを習慣にしましょう。開眼片脚立ち・スクワット・ウォーキングなどの運動を積極的に取り入れることで、関節痛だけでなく、肥満も撃退しましょう。

酢の種類

user-pic
0
酢が体と美容にいいということは誰でも知っていることとなってきました。そんな酢縫いはたくさんの種類があります。そこで種類別にどんな効果があるかを見ていきましょう。まずは、玄米黒酢です。この酢に含まれるD-アミノ酸の代表格であるD-アスパラギン酸は、優れた美肌効果があります。この成分は角質層にまで美肌成分が届くともいわれています。そのためにおくからきれいになりたいという人は、玄米黒酢がお勧めです。次にりんご酢です。りんご酢は、はちみつなどの成分が一緒に配合されていることが多いです。ほのかに甘みがありとてもおいしくのめる酢です。この酢には便秘を撃退して美肌にするという効果があります。便秘で悩む女性にお勧めの美容法です。酢は一般的に夏バテに効く飲み物として知られています。 毎日をきれいにうきうきに過ごすための女性の強い味方なのです。自分にあう酢を見つけて飲んでみましょう。

めだか

user-pic
0
私がパートで働いているお店では数年前からメダカを買っています。

始めはお客さんにいただいたオスメス2匹からスタートしたのですが、
キチンと水槽を掃除して、決められた量の餌を忘れずにあげることなどで
どんどんと卵を産んで、やはりうまく孵らない卵もあるけれど、
毎回何匹かはしっかりと大きく成長します。

なぜか、メダカの水槽の管理はほとんど私がやっているのですが、
育て方がうまいのだとたくさんの人に褒められます。

そんなことで褒められるのはちっともうれしいことではないんですが、
それでも小さな命の誕生は、ちょっとした感動です。

そして、ほんの数ミリの卵からどんどん成長していく様子は
見ていてとても興味深いものでもあります。

以前に我が家でもメダカを飼っていたこともあったのですが、
やはりだいぶ増えてしまって、管理がたいへんだったのと、
一匹が病気になるとどんどん病気がうつってしまうので、
いつの間にか全滅してしまいました。

だから御店のメダカだけは、できるだけ長生きしてもらいたいなぁって
思っています。

小さくても命だから、大切にしたいですね。
心が通じ合うわけではないけれど、植物を育てるのと同じように
愛情をかけてあげるときっと元気に長生きしてくれるんでしょうね。

娘の携帯電話

user-pic
0
子どもに携帯電話を持たせるのは、何歳ごろからが良いのでしょうか。
例えば、小学校から私立に通っている子は、
電車やバスに乗り継いでということで、
何があるか心配なので携帯電話を持たせている人も多いでしょうね。

公立の小学校に通っている家の子供の友だちも
お稽古に行ったり、ちょっと遠い友達の家に行ったりするので
携帯電話を持たせているご家庭もあります。

とくに最近は、GPS機能がついている子供用の携帯があるので、
それを持たせていると安心ということなのでしょう。
わが家の娘も春から、1人でバスに乗っておけいこごとに行くことになりそうで
携帯電話をその時だけ持たせようかと考えています。

今は、自宅から数分のところで行方不明になるなど
何処で何がおこるかわからない時代なので、
すこしでも安全、安心が欲しいと思うのは当たり前ですよね。

本当は子供が携帯を持つのは好きではないけれど、
何かあった時にすぐに連絡をとれるようにしておきたいという本音もあって、
親の私も葛藤しています。

いつも持ち歩くのではなくて、1人で遠出するときだけ
もたせるのが一番の方法かなぁって思っています。
春休みになったら、娘と一緒に説明を聞きに行ってみようかなって
思っています。